場所別 掃除の教科書

拭き掃除からワックスがけまで!床掃除の教科書

LINEで送る
Pocket

最近建てられた住宅は畳の部屋が少なく、フローリング(床)がメインで使われています。畳よりもお掃除が楽に感じるフローリングですが、適切なやり方で掃除をしないとゴミや汚れが溜まりやすいのです。

床の効率的な拭き方やワックスがけのやり方、床掃除をするのにおすすめのグッズについて紹介していきます。

効率的な床の拭き方

床掃除と聞くと専用のワイパーでからぶきをするか、掃除機でホコリを吸い取るというやり方で行っている方が多くみられます。

しかし床は私たちが思っている以上に汚れています。試しに雑巾で床を拭いてみると、その汚れのひどさに驚くことでしょう。効率のよい床の拭き方について紹介していきます。

まずはホコリを取ること

床掃除専用のモップや掃除機をつかって床に落ちているホコリをきれいに取り除きましょう。その時にホコリがまってしまうことがありますので、窓を開けて換気をしながら行うのが理想です。

水拭きしよう

ホコリや汚れだけを取り除いただけでは床はきれいになりません。毎日ではなくても構いませんが時々水拭きもしておきましょう。

床に使われている素材の色もさまざまですが、色の薄い床を使っていると汚れがとても目立ちます。

これらは乾いた雑巾で拭いても落とせませんので水拭きする必要があります。床掃除用のモップにウェットタイプのシートを取り付けるか、水で湿らせた雑巾を使って床全体を掃除しましょう。

汚れのひどい部分は重曹を溶かした重曹水などを使って拭き取ると、汚れが落としやすくなります。

ワックスがけのやり方を紹介

フローリングにはコーティングが施されており、それが使用とともにはがれてきてしまいます。

コーティングのおかげで汚れや傷がつきにくくなり床のツヤも保たれます。床を水拭きしすぎるとコーティングがはがれやすくなりますので、床を必要以上にこするのは避けるようにしましょう。

ワックスがけをしよう

コーティングがはげてきたのを補うために、ワックスがけを時々行うようにしましょう。床の質を長持ちさせるためにもワックスがけは必要です。

ワックスがけを行う時は床にゴミや汚れが溜まっていると、それがワックスをかけたときに固まる可能性がありますので、掃除を十分に行ってからワックがけにとりかかります。

フローリング用のワイパーと掃除機をつかって汚れを取り除き、仕上げにウェットタイプのシートか雑巾を使って水拭きをしておきます。

ワックスは二度塗りが基本

床用のワックスはホームセンターやドラッグストアにて販売していますので、用意しておきましょう。

床掃除の後で床が十分に乾燥してからワックスがけを行っていきます。ワックスがけをするときは古い布を用意しておきます。

またワックスを塗っている時に洋服が汚れることもありますので、汚れてもいい洋服を着るかエプロンを着用しましょう。

古い布にワックスを浸みこませてそれを床に塗っていきます。ワックスを塗っていくコツとしては部屋の一番奥から入り口に向かって後ろに下がりながら塗っていくことです。

このようにして塗ることで乾いていないワックスの上を踏まないで済むからです。一度ワックスが乾いてから二度塗をするとワックスの持ちが良くなります。

床掃除おすすめグッズ

床掃除をするのに便利なグッズを知っておくと、掃除のときに役立ちます。

古いカード

有効期限が切れてしまったクレジットカードや使わなくなったポイントカードが、床の汚れを落とすのに役立ちます。

床にこびりついてしまった汚れはカードの角の部分を使ってこすり取ると、きれいに落とせます。

フロアワイパー

柄のついたモップで床掃除のときに重宝します。床を雑巾がけすると時間も労力もかなり使ってしまいますので、ワイパーがあると便利です。

雑巾や専用のシートを挟んで使用できますので、毎日の掃除に活用できます。

中性洗剤

フローリングは汚れやカビ、ダニなどが多く付着しています。これらの汚れを落とすのに中性洗剤を使うと便利です。

中性洗剤にもいろいろなタイプがありますが、台所用の洗剤を薄めた物を使っても十分汚れは取れます。

まとめ

床を長くきれいに使用するためにも床そうじは大切ですし、定期的なワックスがけで床の質と機能を維持できるようになります。

こちらの記事もどうぞ → 汚れも臭いもキレイスッキリ!トイレ掃除の教科書

LINEで送る
Pocket