場所別 掃除の教科書

蛇口の水垢まで徹底掃除!お風呂掃除の教科書

LINEで送る
Pocket

お風呂は湿気が多くカビが生えやすい場所のひとつです。小まめに掃除をしていても気が付くとカビが生えてしまっていることが少なくありません。

また鏡や蛇口の部分は水垢などの汚れがたまりやすくなっています。

きれいに掃除しているつもりでも、掃除のやり方が十分でないと汚れやカビの発生につながりますので、お風呂をきれいに掃除する手順について理解しておくと役立ちます。

用意するもの

お風呂掃除をするのは実はお風呂に入っているときやお風呂上りがベストです。お風呂上りは浴室全体が温かく汚れが落としやすくなっているからです。

またすぐに掃除をしたほうがカビの発生も抑える効果が期待できます。しかし時間がないときは無理をせず翌日に掃除しましょう。

必ず用意しておきたいもの

お風呂掃除で必ず用意しておきたいものが、お風呂掃除用の中性洗剤、カビを取り除くための塩素系漂白剤、クエン酸、スポンジになります。

また近頃はお風呂の床の水はけをよくするタイプの床が多く使われていますが、床の溝が深くなっていますのでデッキブラシのような物があると便利です。

あると便利なもの

必ずではないですし毎回用意する必要はないですがあると便利なのが消毒用エタノール、重曹、歯ブラシ、柄のついたスポンジになります。

もちろん毎回これらを使用して掃除をする必要はありません。毎日の掃除は中性洗剤とスポンジだけで十分ですが、週に1度くらいは本格的に掃除をしておくとカビや汚れが溜まりにくくなります。

掃除する場所と手順

お風呂掃除を徹底的にやるときは掃除する場所と手順を心得ておくと、スムーズに掃除がすすみやすくなります。

まずはカビ取りから

お風呂場はゴムの部分にカビがたまりやすくなっています。掃除を始める前にカビが気になる部分に塩素系の漂白剤をかけておきましょう。

またお風呂場の天井はカビの胞子が飛んでいますので柄のついたスポンジを使って天井の掃除をはじめにしておきます。

床と浴槽を中心に掃除する

カビとり剤を洗い流してから床と浴槽の掃除をはじめましょう。

中性洗剤を吹きかけて全体的にスポンジを使って洗い流します。

隅っこの部分はスポンジだけでは汚れが落としにくいですから、使い古しの歯ブラシやデッキブラシを使って隅っこまでしっかりと汚れを落とします。

またシャンプーや石鹸を置いておく台には石鹸やシャンプーのカスがたまっていますので、置いてある物を全て取り出してスポンジでこすって洗い流します。

シャンプーや石鹸を台に戻すときは、ボトルの裏側についているぬめりや石鹸カスを落とすのを忘れないようにしてください。

お風呂掃除のおすすめグッズ

お風呂掃除で使うと便利なグッズがありますので紹介していきます。

重曹とクエン酸

重曹とクエン酸はエコな掃除洗剤としてさまざまな場面で活躍してくれます。気になる排水溝の臭い取りにも使えます。

重曹とクエン酸を合わせて水を少し流すと発泡が起こり、それが汚れや臭いを落とすのに働いてくれます。

またクエン酸単体だけでもクエン酸を水に溶かしてクエン酸水を作っておくと、鑑や蛇口についているを落とすのに効果的です。

重曹は浴槽の掃除に効果的ですので、重曹少量をスポンジにとって浴槽をこすります。入浴剤としても使用できますので入浴剤として使うと、その後のお風呂掃除が楽になります。

柄のついたモップ

お風呂場で最もカビの胞子が溜まりやすい場所がお風呂の天井だと言われています。天井をきれいに掃除するときに、柄のついたスポンジがあると便利です。

すみずみまでしっかりと掃除ができますのでカビの原因となる胞子を取り除けます。

使い古しの歯ブラシ

蛇口やお風呂場の隅、床の溝など細かい部分の掃除に活躍してくれます。使い古しの歯ブラシはお風呂場の掃除だけでなく他の部分の掃除にも使えますので、捨てずにとっておきましょう。

まとめ

お風呂場の掃除はコツをつかんで行うこと、便利なグッズを使用することで気になる汚れをきれいに落とせるようになります。普段のお風呂掃除に活かしてみましょう。

こちらの記事もどうぞ。隠れたカビも徹底除去!エアコン掃除の教科書

LINEで送る
Pocket