場所別 掃除の教科書

隠れたカビも徹底除去!エアコン掃除の教科書

LINEで送る
Pocket

冷暖房全てをエアコンで賄っているご家庭も多いのではないでしょうか。エアコンも使用頻度に応じて汚れがたまっていますので、掃除が必要になります。

エアコンを掃除しないで使っていると内部でカビやホコリが発生していまい、それがエアコンの吹き出し口から流れてきてしまいアレルギーなどの原因となってしまうのです。

エアコンの掃除に必要なものや掃除の手順と注意点、エアコン掃除に便利なグッズなどについて紹介していきます。

用意するもの

エアコンを掃除するときに必要な物を揃えておきましょう。

用意する掃除グッズ

掃除機、雑巾、大き目のビニール、ビニールを止めておくためのテープ、新聞紙などがあると便利です。古い歯ブラシや100円ショップで販売されている隅っこ掃除用スポンジもあるといいでしょう。

使用する洗剤

エアコン掃除の外側を掃除するときは中性洗剤を用意します。エアコン内部を掃除するための洗浄スプレーがありますのでそれも用意しておきましょう。

掃除する手順と注意点

エアコン掃除の手順について説明していきます。

汚れ対策をする

エアコン掃除をするときはエアコンのカバ―を外したりしますが、その時にホコリが室内に散らばりやすくなってしまいます。

そこでエアコン下に汚れがたまらないようにエアコンの周辺をビニールで覆っておきましょう。ビニールが動かないようにテープで固定しておくとより安心です。

掃除機でごみ取り

エアコンカバーを外す前に取れる部分は掃除機でホコリを取りましょう。これをやっておくだけでフィルターを外した時に出てくるホコリの量を減らせます。

フィルターを慎重に外してからは内部も掃除機をかけます。その時に誤って部品などを壊さないようにするためにも優しくかけるのがコツです。

フィルターを洗う

フィルターを外して掃除機をかけましょう。毎回行う必要はありませんが時には掃除機をかけるだけでなく水洗いをするのがおすすめです。

エアコンフィルターの目に詰まった汚れまできれいに落とすためには、毎月1度は水洗いをするようにしましょう。

吹き出し口の掃除

エアコンの吹き出し口にホコリがたまっていると、エアコンから出てくる風とともにホコリも待ってしまいます。

水で固く絞った雑巾を使って吹き出し口をきれいに掃除します。この時に電装部品に水がかからないように十分注意してください。また感電を防ぐためにもコンセントを抜いて掃除するようにしましょう。

エアコンのフィンを掃除

エアコンのフィン内部を掃除するときには専用の洗浄スプレーを使用しましょう。

この時に他の電装部品に洗浄スプレーがかかってしまうと、故障の原因になってしまいますので十分注意して使用してください。

エアコン掃除のおすすめグッズ

エアコン掃除を便利にしてくれるグッズがありますので活用してみましょう。

古い歯ブラシなど

エアコンの内部は細かくて雑巾では掃除しにくい部分が多々あります。古い歯ブラシや隅っこを掃除するのに使える専用スポンジがあると便利です。

エアコン洗浄スプレー

エアコンのフィンの内部には熱交換器などがありますが、素人が中の部分まで解体して掃除するのは大変です。

そこでエアコン洗浄スプレーを使用すると便利です。中性洗剤を使って掃除もできますがいろいろな手間を考えると時間の短縮にもなります。

エアコンブラシクリーナー

掃除機に取り付けて使用します。エアコンの内部は細かくて雑巾でホコリを取るのは時間もかかりますし汚れも取りづらいのです。

そこでこの専用のクリーナーを使用することにより、細かい部分までしっかりゴミが取れるようになります。エアコンだけでなく扇風機の掃除にも使えます。

まとめ

エアコン掃除はしっかりとやっておかないと、それが健康被害を引き起こす原因となってしまいます。

もし長年エアコンをご使用の方がいらっしゃいましたら、こんなページも見ておくと安心ですよ。
一般社団法人 日本冷凍空調工業会|関連製品|家庭用エアコン

エアコン掃除の基本を押さえて定期的に自分で掃除するようにしましょう。時間がない時はプロのクリーニングに依頼する方法もあります。
私は京都の実家で頼んだことがありますが、自分の手の届かない奥までキレイにしてくれるので、おすすめです。
エアコンクリーニング京都はこちら

LINEで送る
Pocket