場所別 掃除の教科書

汚れも臭いもキレイスッキリ!トイレ掃除の教科書

LINEで送る
Pocket

トイレは毎日何度も使用する場所ですから汚れが付きやすいのです。

臭いが酷かったり、汚れていたりするトイレでは快適に用をたせなくなってしまいます。

そこで上手なトイレ掃除のコツを理解しましょう。毎日できる掃除方法や時々行いたい念入りな掃除方法について紹介していきますので、トイレ掃除の参考にしてみましょう。

用意するもの

トイレ掃除をする際には必要な用具を揃えておきましょう。

トイレ掃除に使用するグッズ

トイレを掃除するときは古布を用意しておきます。

トイレ掃除に使用した雑巾や布を再度洗って使用するのも不衛生で手間もかかりますので、捨ててもよいぼろ布で掃除をするのがおすすめです。

また便器を掃除するのには便器掃除用のブラシ、もしくは古い歯ブラシを使用します。

手が荒れる、汚れがきになるときはゴム手袋もあったほうがいいでしょう。

トイレ掃除用洗剤

トイレ掃除で使用する洗剤は、便器の中を掃除する洗剤と便座や床を掃除する洗剤とに分けて使った方が効率よく掃除がすすめられます。

また市販の洗剤ではなくても重曹とクエン酸を洗剤として使用できます。重曹とクエン酸でも十分汚れが落とせますし、地球環境にも優しいです。

掃除する場所と手順

トイレ掃除を毎日念入りに行うのは大変ですから、普段は必要最低限で時々は念入りに掃除をするのがおすすめです。

普段は使ったときや気が付いた時に掃除

毎日トイレ掃除の時間を決めて掃除するのは大変ですから、普段はトイレを使ったときや気になったときに掃除するようにしましょう。

普段は汚れやすい便座や便器の淵の部分を中心に掃除しましょう。便器の内側は専用のブラシや古い歯ブラシを使ってこびりついた汚れを落とします。

便座や床はウェットタイプのシートか、トイレットペーパーや古布に洗剤を浸みこませてふき取ります。

いつもより念入りに

便器の裏側や便器の中の汚れは、蓄積するとこびりついてしまって汚れが落としにくくなってしまい見た目も汚いですし臭いの発生原因にもなります。時々念入りに掃除しましょう。

トイレ用の洗剤を塗布してしばらく置いてから、こすり洗いましょう。また重曹とクエン酸を気になる部分に混ぜ合わせておくと高い洗浄力を発揮して汚れが落としやすくなります。

また床や壁にもおしっこが飛び散っていますので、クエン酸を溶かしたクエン酸スプレーやトイレ用の洗剤を使ってふき掃除をします。

また意外と汚れがたまっているのがトイレのタンクです。タンクの中を開けてみると水アカがびっしりとついていますので時々は雑巾でこすって水アカをきれいにしましょう。

タンク内を掃除するときですがクエン酸などの酸性タイプの洗剤を使用すると、タンク内の器具を傷める危険性がありますので注意が必要です。

トイレ掃除のおすすめグッズ

トイレ掃除に役立つグッズがいくつかありますのでトイレ掃除に役立ててみましょう。

強力クリーナー

便器などにこびりついてしまった汚れなども強力に落としてくれるクリーナーがあります。

これを使えば頑固な汚れに吹きかけてしばらく置くだけで、簡単に汚れが落とせるようになります。

トイレの拭き取りクリーナー

トイレットペーパーにも塗布しても使えるクリーナーをトイレに常備しておくと便利です。

便座や床の汚れが気になったときにさっと使えて便利です。

トイレ用シート

こちらもトイレに常備しておくと汚れが気になったとき、掃除にと幅広く使用できます。

ドラッグストアだけでなく100円ショップでも販売されていますので、手ごろな価格で手に入ります。

流せるトイレブラシ

トイレの掃除で使用した雑巾やブラシには菌がたくさん付着しており、再度それを使用するのも気になります。

そこで使用したらそのままトイレに流せるタイプのブラシもあります。

まとめ

トイレを気持ちよく使用するためにも毎日掃除するのが理想です。

それでも落とし切れない汚れがたまってしまいますので、時々念入りに掃除するようにしましょう。

こちらの記事もどうぞ → 効率よく終わらせたい!大掃除のスケジュールの立て方を紹介

LINEで送る
Pocket